天才バカボン(1971)【動画】

1970年代のアニメ

心から笑えるアニメなのだ

『天才バカボン』のあらすじ

常識や理屈が通用しないバカボンのパパ、しっかり者のママに少し頼りないバカボン、天才のはじめちゃんの4人家族がくりひろげる、はちゃめちゃだけどほんのりあたたかい余韻の残るギャグストーリー。

『天才バカボン』の概要

『天才バカボン』(Tensai Bakabon)は、昭和46年(1971年)9月25日から1972年6月24日まで土曜日の夜7時から放送されたギャグアニメです(全40回)。

元祖天才バカボン 1975年10月6日~1977年9月26日(全103回)
平成天才バカボン 1990年1月6日~12月29日(全46回)
レレレの天才バカボン 1999年10月19日~2000年3月21日(全24回)
深夜!天才バカボン 2018年7月11日~9月26日(全12回)

覚書

心から笑えるアニメなのだ

底抜けにおもしろいマンガでありながら、パパやバカボンの行動や一言に、そこはかとない暖か味やペーソスを感じるアニメでした。

映像を見ながらこれを書いているのですが、思わず笑ってしまってなかなか進みません。

あほとバカはちょっと違うのだ

大阪では、長らく「あほ文化」がありました。

もう、「知ってるぞ!」という人も少ないのかもしれませんが、松竹新喜劇の藤山寛美。コメディNo1のアホの坂田こと坂田利夫。少し古くなって平和ラッパといった人たちでした。

大阪人の言う「あほ」は、東京で言う「バカがつくほど」の意味が近く、一途でありすぎたり真面目すぎたり正直すぎたりの、愛すべき人物を指すことが多いです。蔑みではなく愛情とリスペクトがこもった言葉です。

ちなみに、ケンカなどのときには「このドアホ!!」と叫ぶときもあり、これは東京の「ばかやろう!!」というのと同じではあります。

東京には、アホはいませんでした。上記の人たちは、舞台の上で頭が少し足りない、でも愛すべき人間を演じて笑いや涙を届けてくれたわけですが、東京にもようやくアホが誕生したと感じたのが、このバカボンのパパでした。

映像を見て改めて思いました。パパもバカボンもアホや。そして限りなくあたたかいのだ。

天才バカボン ディスコグラフィ

天才バカボン DVD-BOX
デジタルサイト
¥22,352(2024/05/18 13:07時点)
平成天才バカボン DVD-BOX
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
¥15,000(2024/05/18 13:07時点)
深夜! 天才バカボン BD 下 [Blu-ray]
エイベックス・ピクチャーズ
¥7,450(2024/05/18 13:07時点)

天才バカボンの映像

天才バカボン 1971 1話~3話 Full Movie

天才バカボン

元祖 天才バカボン 1975 1話~3話 Full Movie

平成天才バカボン 1990 1話・ 9話~11話 Full Movie

レレレの天才バカボン 1999 1話~24話(完) Full Movie

深夜!天才バカボン 2018 Clips

コメント

タイトルとURLをコピーしました