柔道賛歌(1974)【動画】

柔道讃歌 1970年代のアニメ
柔道讃歌

母子シャチの必殺技

『柔道賛歌』のあらすじ

千葉の海辺で暮らす母子。昔、「講道館の花」「女三四郎」と呼ばれた天才柔道家 巴輝子と息子の突進太は、周りから親子シャチという名前で知られていました。突進太は中学では喧嘩番長として鳴らし、千葉県立紅洋高校に入学して高校でも番長を目指します。

突進太は初登校の電車の中で男に喧嘩をふっかけ、気がつかぬうちに投げ飛ばされてしまいます。男は新任の教師 利鎌竜平で突進太の担任として赴任してきていました。

突進太は早速校内の全スポーツ部に喧嘩を挑んで勝ち、最後に柔道部で主将大東坊に痛めつけられますが、最後に無意識にかけた巴投げで勝利。大東坊に懇願されて柔道部に入部します。

竜平は、兄の死の原因を作った”女三四郎”を憎んでおり、復讐のために柔道に打ち込んでいました。突進太が女三四郎の息子と知った竜平は、柔道部のコーチに就任して突進太らを徹底的にしごきます。

『柔道賛歌』の概要

柔道賛歌』(Ode To JUDO)は、昭和49年(1974年)4月1日から9月30日まで放送された柔道スポコンアニメです(全27話)。

覚書

番長、柔道、マザコンの三題噺?

貝塚ひろしの『夕やけ番長』と梶原一騎の『柔道一直線』と『侍ジャイアンツ』を合わせて割ったような、と言えばなんとなく想像できる作品だと思います。

喧嘩番長が柔道に目覚めて、柔道家として人間的にも成長していく様子と、梶原得意の重力慣性無視の必殺技。利鎌竜平と母の巴輝子が良い仲になるのを悲観して自殺をはかるなど超マザコンな部分などもあり、目の離せない(笑)作品でした。

『柔道賛歌』 ディスコグラフィ

柔道讃歌 全6巻完結(文庫版)(ホーム社漫画文庫) [マーケットプレイス コミックセット]
ホーム社
¥3,360(2024/05/18 01:45時点)
母子シャチ 天地返し 秒の殺し屋 巴二段投げ ベンワーロック

『柔道賛歌』の映像

柔道賛歌 1974 第1話 Full Movie

コメント

タイトルとURLをコピーしました